海外FXのボーナスを利用して利益を上げるための心構え

海外FXの業者には、日本の業者にはないさまざまなボーナスがあります。ボーナスを利用して自己資金以上の取引ができるうれしい制度ですが、その意味をしっかり理解していないと、痛い目を見ることもあるので注意しましょう。

ボーナスの例

たとえば、入金金額の20%がボーナスとして支給される業者では、1万円を入金すると、2千円が自分の口座にプラスされます。つまり、1万円の資金で1万2千円分の取引ができるというわけです。このぐらいの金額ならおまけ程度の認識でしかありませんが、入金金額に対して100%の金額のボーナスがあるところでは、たとえば10万円入金すると、同額の10万円が支給され、合計20万円で取引をスタートさせられることになります。資金がこれだけ大きくなると、利益を出した時の金額も倍増するわけですから、非常にお得なサービスだと感じられるでしょう。

ボーナスに潜むリスク

ただし、損失を出した時も、同様に倍増するということを忘れてはなりません。ボーナスを利用して大きな資金で運用できるということは、利益を上げているうちはいいのですが、損失に転じた後も同じ調子で運用していると、金額に関わらず同じスピードで資金が失われていきます。また、ボーナスで支給された金額は、ほとんどの業者で取引にしか使えないようになっています。ボーナスだけもらって出金できるようでは、業者にとってデメリットにしかなりませんから、これは当然の措置でしょう。このことを理解して取引の方法を考えないと、ボーナスでいくら資金が増えたところで、リスクは少しも軽減されないのです。

ボーナスは担保

ボーナスでいくら資金が増えたとしても、それはなかったものと考えて取引するのが安全です。決して手を付けないというわけではなく、あくまでも担保として利用するにとどめるのです。それなら、たとえ最初の資金の10万円をすべて失ったとしても、もう一度同じ金額で取引に臨めます。この「担保がある」という安心が、精神的に余裕を生み、リラックスした取引を可能にするのです。