海外FXのボーナスを利用して節税ができる場合もある

国内FXで上げた利益は申告分離課税ですが、海外FXでの利益は雑所得とみなされるので、利益が多いほど課される税率が高くなってしまいます。しかし、海外FXのボーナスを利用すれば、節税が可能なのです。

通常の取引の例

海外FXの場合、損益は通算できます。具体的な例では、A社に10万円入金して取引に成功し30万円になった場合、利益は20万円となります。一方、B社にも同じく10万円入金して取引したものの、取引に失敗して全額失ったとします。この場合、A社とB社の損益を通算した10万円の利益が課税対象です。この利益は雑所得となるので、給与所得がある場合、それと合算して所得税が計算されます。課税所得に応じて税率、控除額は大きくなります。この例では、FXでの利益は10万円に過ぎませんが、給与と合算されて課税されるので、仮に給与が325万円であった場合、325万円+10万円=335万円が所得となるので、税率が20%もかかってしまうことになります。

失ったボーナスは損失とみなされる

ここで注目すべきなのがボーナスです。上記の例で、B社には100%のボーナスが適用されていたとします。すると、A社での利益は20万円ですが、B社ではボーナスと合わせて証拠金20万円で取引して、全額失ったとことになります。この場合、B社で失った本来の元手は10万円であるものの、損失の総額は20万円とみなされます。つまり、ボーナスとして支給された証拠金も、取引で失ってしまえば、損失として扱われることになるのです。B社での取引で実際に自分が失った金額は10万円なのにもかかわらず、ボーナスの10万円も自分の損失になるので、A社での20万円の利益と相殺され、計算上ではプラスマイナスゼロとなるのです。

まとめ

このように、実際には利益があるにもかかわらずボーナスに損失があれば、利益が実際より少なくみなされるのです。ということは、上記の例では、最終的な所得税も元の給与325万円で計算されることになるので、かかる税率は10%となります。結果的に、FXでの10万円の儲けには課税されないことになり、節税が果たせたことになるのです。