複数社に資金を分散してボーナスを有効活用

海外FXで利用できる業者の数には決まりがありません。何社にでも口座を作ってかまわないのです。このことを利用して、ボーナスを有効に活用する方法があります。

ボーナスのみの出金は不可

海外FXの大きな特徴であるボーナスですが、ほとんどの場合そのまま出金することはできず、証拠金としてのみの利用に限られます。10万円入金して50%のボーナスが付与され15万円になったとしても、そこからいくら利益を上げたところで5万円は口座に残しておかなければなりません。ボーナスが威力を発揮するのは損失を出した時で、今の例なら、入金した10万円をすべて失ったとしても、残りの5万円を証拠金とすれば追加入金なしで再度取引が可能であるということです。つまり、入金すればするほどボーナスの値も大きくなるような、一見太っ腹に思えるような業者でも、入金額以上に負けなければボーナスには手を付けられないわけです。

一度に複数社を利用する意味

複数の業者を利用することで、手持ちの資金以上に負けなくてもボーナスを利用することができるようになります。たとえば、3社ずつに10万円、合計30万円を入金した場合を考えましょう。3社とも入金額の50%がボーナスとして付与されるとします。この場合、それぞれの口座に入金額とボーナスを合わせて15万円ずつの証拠金ができたことになります。1社にまとめて30万円を入金した時には、30万円失って初めてボーナスの15万円が利用できるわけですが、このように資金を分散した場合、どれかで10万円損失が出た段階で、ボーナスの5万円を証拠金として同じ口座で再度チャレンジできることになります。つまり、通算でマイナスにならない状況でも、ボーナスを利用できるようになるということです。

資金は分散するのが吉

複数の業者に口座を開設するのは手間がかかりそうに思えますが、実際は必要書類などどこも似通っているので、3社程度ならそれほど手間がかかる作業ではありません。こうして小口に資金を分散しておけば、たとえ1社で大きく損失を出したとしても、ダメージが少なくて済みますしボーナスも利用できて一石二鳥なのです。